耐震基準適合証明書

耐震基準適合証明書バナー01

「不動産取引の途中」「確定申告中」「住宅ローン減税の手続き中」などの時に必要な「耐震基準適合証明書」について詳しく解説致します。北摂の耐震基準適合証明書はグッドコーポレーションへお任せください。ご不明な点などがありましたら、お問い合わせにてご連絡下さい。

耐震基準適合証明書とは?

耐震基準適合証明書とは、現行の建築基準にの耐震性能を満たしていることを証明する書類で、住宅ローン減税などの際に使われます。多くは建築士事務所に所属する建築士が発行します。耐震診断後、耐震性能を満たしていない場合、耐震改修工事を行い、耐震基準を満たしていることを確認後、発行されます。

住宅ローン減税が使えない?不動産会社選びに失敗すると”大損”します!

住宅ローン減税は住宅購入者にとって無視できない大切な補助制度ですが、住宅購入すればもれなく利用できると思っていませんか?実は、国のデータによると、中古住宅購入時の住宅ローン減税利用者は全体の半分程度しかありません。
確定申告時期になって慌てて動いてもすでに「手遅れ」のことが多いです。

住宅ローン減税が利用できない原因は、取引の進め方が良くないことです。中古住宅を検討する時には、なによりまず仲介会社を見極める必要があるのです。

不動産仲介業と住宅ローン減税など税制は直接の関係がないため、制度利用可否について無責任になる仲介会社が多い中、TAPではお客様の状況にあわせた柔軟な提案を行っております。中古住宅を視野に入れている方は、お気軽にご相談ください。

築年数が古くても大丈夫!住宅ローン減税が利用できる方法があります!!

住宅ローン減税には年収要件や居住要件など様々な要件があります。その中で、建物の築年数に関する要件を「築後年数要件」といいます。
木造など非耐火住宅は20年、マンションなど耐火住宅は25年を超えると築後年数要件に抵触し、そのままでは住宅ローン減税の対象にならなくなります。

ただ、築年数が古いからという理由で諦めるのは早いです。築後年数要件を緩和する方法があるからです。

住宅ローン減税における築後年数要件

■非耐火住宅/20年以内
■耐火住宅/25年以内
耐震基準適合証明書バナー02

続きは既存住宅売買瑕疵保険について(その2)へ

既存住宅売買瑕疵保険について(その2)

お問い合わせ先