築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!

建築士の建物インスペクションの手配が可能

先月、弊社のお客様で、消費者セミナーに参加していただいた方に動きがありました。
お客様自ら物件を探し出し、内覧につながったのですが、内覧をしたところ築25年の物件の割には劣化状況がひどく、専門家のインスペクションを受ける事になりました。 グッドコーポレーションの仲介サービスでは「建築士の建物インスペクション」の手配が可能ですので、その調査を実施しました。

予想よりもはるかに高いリフォームになる事が判明、その他リフォームにも夢が広がり、リフォーム予算も大幅に超えてしまいました。残念ながらその物件の購入は見送る事になりました。しかし、今回のやり取りで信頼関係の構築にはつながり、次回の候補物件で決まる予定です。

ちなみに一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会発表データで「住宅リフォーム実態調査 報告書」が出されています。
http://www.j-reform.com/publish/pdf/jitsurei-H30.pdf

■若い世代に、中古住宅を買ってリフォームする人が増えている!

リフォームを行った住宅の取得方法は若年層では、中古住宅購入が多いのが特徴です。中古住宅購入の場合は、戸建て、マンションともに入居前後のリフォーム(リフォーム実施までの居住期間0年)が約半数となっており、中古流通に際してのリフォームニーズが高まっているようです。

■戸建て住宅は築30年以上で大規模リフォームになる傾向があり、マンションは 築年数の経過と金額の関連性は低いようです!

少し膨大な報告書ではありますが、ぜひ、今後の参考にお役立てください

お問い合わせ先