ヘッド画像

お役立ち情報

建具、障子にも様々な種類があります。

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

建具について

建具とはおもにドア、障子、窓の事をいいます…。

今回は障子のお話をしたいとおもいます。障子構造は採光、通風ができて、しかも断熱性があり、優しく、美しく、人の心を和らげる不思議な機能を持つ建具、障子は竪框・上桟・下桟・組子で構成されていますが、形状や組子の組み方により様々な種類があります。

荒組障子(あらぐみしょうじ)

竪横の組子の間隔を大きく粗く入れた障子。荒間障子ともいう。

横繁障子(よこしげしょうじ)

水平方向の組子の数が標準より多い障子。関東好み。

竪繁障子(たてしげしょうじ)

垂直方向の組子の数が標準より多い障子。 関西好み。柳障子とも言う。

腰付障子(こしつきしょうじ)

痛みやすい腰部を板張りや襖張りした障子。腰障子とも呼ぶ。

雪見障子(ゆきみしょうじ)

下方にはめたガラスの内側に、上下する小障子を入れた障子と以外と種類があります。マンションだとなかなか障子を見ることが少ないと思いますが日本建築の中でも情緒が味わえるものなので障子を見かけたらじっくり眺めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP