ヘッド画像

お役立ち情報

NEW 保険金などを受け取ったときの税金はどのくらい?

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
保険金を受け取る時に、かかる税金

税負担が一番軽い順番は、相続税、所得税、贈与税です

保険金を受け取る時にかかる税金には、相続税・所得税・贈与税の3つがあげられます。これらの中では、相続税の税負担が一番軽く、続いて所得税、さらに贈与税の順に税負担が重くなります。どの税金の対象になるかは、保険の契約書(保険料を払う人)、被保険者(保険の対象者)、受取人(保険金を受け取る人)にそれぞれ誰が指定されているかによって決定されます。

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日は保険金などを受け取ったときの税金について説明します。

相続税の対象になるのは

死亡保険金で契約者と被保険者が同じ人のケースです。生命保険の非課税枠分や相続税の基礎控除分を保険金から差し引けるので、3つの中では最も税負担が少なくなります。

所得税の対象になるのは

契約者と受取人が一緒の人の場合。このパターンでは、保険金は一時所得に当てはまるが、払い込んだ保険料と特別控除50万円をひいた金額を2で割った分のみが課税対象となります。相続税と比べると負担額は大きいと思いますが、贈与税程大きな負担にはなりません。

贈与税の対象になるのは

契約者、被保険者、受取人が全て違う人の場合です。保険金は被保険者から受取人への贈与になり、贈与税は基礎控除が110万円分しか認められていないうえに、税率も他の2つよりも高めに設定されているため、負担額は最も大きくなってしまします。税負担を軽くしたいのであれば、被保険者以外は契約の途中でも変更できるので、契約者と受取人を同じ名義にして贈与税を避けることを検討しましょう。

また、個人年金保険ではどのパターンでも所得税の雑所得の対象になるので、契約者と受取人が違う場合は、所得税に加えて贈与税が掛ります。契約者と受取人が夫婦でも、贈与とみられるのでお気をつけください。 その他、解約返戻金やお祝い金・生存給付金を受けるときには、一時所得として所得税の対象である他、入院・通院・手術給付金、介護一時金等、課税対象とならない保険金や給付金もあります。

保険金などを受け取ったときの税金・インテリア・生活用品 

保険金などを受け取ったときの税金のお話と併せてお伝えしたいおすすめ情報です。
テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から
支持されている
インテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々な
アイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心して
ご購入いただけます。

仲介手数料無料で家を買う!
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介
グッドコーポレーションの不動産売却│売却時は仲介手数料最大無料!北摂エリアの中古マンション売却価格・買取価格を匿名瞬間査定!

後悔をしない売却成功
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。
囲い込せず高値で売却できる販売戦略

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。
あなたの理想がかなうリノベーション

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

お役立情報 電話で予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP