ヘッド画像

お役立ち情報

夏の日差しどう対処していますか?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

熱中症対策は行っているでしょうか。
室内でも熱中症にはかかりますので気をつけたいですね。夏の日差しの対処方法をエアコンではない方法をあげてみました。

夏期は南中付近での太陽高度が高いので南向きの窓からはあまり日射は差し込みませんが東向き窓は日の出直後の日射がほぼ正面から差し込み、西向きの窓からは日の入り直前の外気温が高い時刻に強い西日が差し込みます。

ましてや西日の当たる二階の部屋ともなると屋根から受ける直射日光の熱と壁が直射日光で温められ室内に伝わります。

そんな部屋の暑さ対策としては、

  • 窓がある場合は日差しは窓の外で断ち切る(室内のカーテンは太陽光線で発熱して室温を上げます)
  • グリーンカーテンやすだれに水をかけて水が蒸発して気化熱により涼しい風が部屋の中に入ってくるようにする。
  • 壁にも直射日光が当たらないようによしずなどで直射日光を防ぐ。
  • 小屋裏の換気を良くする。
  • 窓ガラスが網入りガラスでなければ、遮熱シートを貼る。
部屋の開口部や間取りに合った暑さ対策をとってください。暑い夏、いろいろ工夫して乗り切りたいですね。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

お役立情報 電話で予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP