ヘッド画像

不動産取引知識・ノウハウ

「共用部分」と「専有部分」どこまで? 分譲マンション「区分所有」の考え方

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
区分所有共有部分

「共用部分」と「専有部分」① 共用部分はどこまで? 「区分所有」とは

区分された各部分を所有する事

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日は共有部分はどこまで?について説明します。
分譲マンションなどのように、一棟の建物が構造上2カ所以上の部分に区分され、その部分が独立形式になって住居、店舗、事務所等の建物としての用途に使用できる場合に、その区分された各部分のことを専有部分といい、この専有部分を所有する権利のことを「区分所有権」といいます。

「区分所有」とは、分譲マンションをはじめ、建物内部が独立した住居など数個の部分に区分されている場合に、区分された各部分を所有する事を言います。 「建物の区分所有等に関する法律」(区分所有法、マンション法などと呼ばれます)には、建物の「区分所有」について、「一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる」(第1条)と記載されています。 また、区分所有権(建物の区分された部分にたいする所有権)を有する者を「区分所有者」と言います。「区分所有者」とは、住居など(各室)のオーナーのことで、借り主など区分所有者以外の住んでいる人のことは占有者と呼びます。 

「共用部分」と「専有部分」②

共用部分とは

「共用部分」とは、あくまでも区分所有者全員が共有する部分のことです。区分所有法としては、一棟の建物には「共用部分」と「専有部分」しかないです。よって、建物のうち「専有部分」に属さない部分、付属物は全て「共用部分」となると考えられます。 また、「共用部分」は次の2つに分けることができます。区分所有法で定められる部分を「法定共用部分」と呼び、マンションの規約により「共用部分」とされる建物の部分及び附属の建物を「規約共用部分」といいます。エントランスから各戸へ通じる共用廊下や通路などは前者の代表的なもので、後者は倉庫や会議室が例として挙げられるでしょう。

「共用部分」と「専有部分」③

専有部分とは

「専有部分」とは、区分所有権の目的(対象)である建物の部分のことだと考えられます。分譲マンション(店舗、事務所又は倉庫その他がない、住居のみのマンション)の場合でいえば、居住するための各室のことです。 「専有部分」と「共用部分」の区分については、たくさんの見方があげられます。例えば、専有面積の計算方法には「壁心」と「内法」の2種類がありますけど、どちらの方法を採用するかによって、壁などを「専有部分」の一部に含むか、「共用部分」に含むかが異なってきます。そのため、「専有部分」の定義はマンションの規約できちんと定めることが重要です。

「共用部分」と「専有部分」④

「共用部分」に含まれる意外な場所

「共用部分」と「専有部分」の違いで勘違いしやすいのが、バルコニー、ベランダ、玄関ドア、ベランダ側のサッシなどです。これらは通常「専有部分」ではなく「共用部分」です。 ただし、配管や配線については設置目的、設置場所などの諸条件によって解釈に違いが生じます。国土交通省の「マンション標準管理規約(単棟型)」(標準管理規約別表第2「共用部分の範囲」)では、給水管については本管から各住戸メーターを含む部分が「共用部分」、雑排水管及び汚水管については配管継手及び立て管が「共用部分」とされており、これが基準となります。 「区分所有」や「共用部分」、「専有部分」など、分譲マンションで居住している方ならぜひ頭に入れておきたいこれらの用語。その意味について、正しく理解することが大切です。

不動産・インテリア・生活用品 おすすめ商品 空気清浄機

オゾンの力で浮遊ウイルス・菌 付着ウイルス・菌どちらも除去する空気清浄機

時代に新しい空気を。これまでの空気清浄機の多くは、
最長72時間も残る付着したウイルス・菌を除菌できませんでした。
オゾンの力で差が出るウイルスの除去性能ハイブリッド空気清浄機 Kirala Airの場合は、
浮遊ウイルス・菌 付着ウイルス・菌どちらも除去します。

◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP