ヘッド画像

お役立ち情報

近年の住宅購入基準の変化について

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

住宅購入基準の変化

以前は価格や駅まで距離、通勤時間が上位を占めていたそうですが、最近の関心は構造や耐震が上位にきているそうです。
最近のマンションの内見の際に基礎工事の写真や工事途中の写真がオープンルームに飾っている所も出てきているそうです。

それだけ、消費者の方が不安を募らせ、ちゃんと施行されているのかを知りたがっているのです。また、報道番組では消費者の方が新築マンションは不安なので中古マンションの内見に行って壁のヒビわれの状況や床の傾きの検査を自分自身で出来るので中古マンションのほうが安心と言っていました。

大事な家族が集う場所ですので安全で安心できる場所を探したいものです。リニュアル仲介では、お客様に安心して購入していただくために購入物件のインスペクション調査や耐震診断を承っております。 又、契約される物件の入手情報も開示しております。お気軽に相談してみてください。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

お役立情報 電話で予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP