ヘッド画像

お役立ち情報

住居表示と地番はまったく違う?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

地番と住居表示の違いについて

お客様から「地番と住所(住居表示)って違うんですか?」というご質問を受けることがあります。どちらも土地の所在を示しているようで似ていますが、実はまったく違うものなのです。
大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。今日は地番と住居表示の違いについて説明します。

「地番」とは「法務局」が決めている「土地」につけられた番号

一方で「住所(住居表示)」は、「市区町村」が決める「建物」についての番号です。
新築建物の場合ですと、土地はもとからありましたので「地番」は決まっていますが、「住所(住居表示)」は建物が完成したあとに市区町村が決定します。 そのため、建物完成まで、住所がいくつになるかわからないということもあるのです。(市区町村によっては、地番をそのまま住所として使う場合もあったりします。)
法務局で謄本を取る場合や、不動産売買の契約書には地番を記入しますが、不動産の広告には住所しか載っていなかったりと、場面ごとに使い分けがされていたりしますので、最初は戸惑うこともあるかもしれません。統一できれば分かり易いのですが、制度趣旨が違いますし、難しいのですね。

不動産・インテリア・生活用品 おすすめ商品 

テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP