ヘッド画像

お役立ち情報

広告でよく見る「ローン返済額月々約○万円。今の家賃でマンション購入可能!?」

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

「ローン返済額月々約○万円。今の家賃でマンション購入可能!!」という広告をよく見ます。
本当に家賃並みの返済額で家を購入することは可能なのでしょうか?

そんな良い話が実際にあったら良いですよね。
きっとその広告には落とし穴があるはずです。

お手元にそういった広告をお持ちなら、住宅ローン返済額算出根拠というのを探してみてください。
変動金利の低金利で計算されていたり、尚且つボーナス払い併用になっている場合があります。

そうなると金利が上がれば返済額も上がりますし、ボーナス払いなんて賃料払っている時には発生しませんから、その時点で家賃並みではなくなりますよね。

実際に住宅購入となった場合に今の家賃分をそのまま返済額としてローンを組んでしまったら、今よりお金がかかってしまいます。
それは戸建なら維持費、マンションなら管理費や修繕積立金、その他に固定資産税などなど…
ですので、しっかりと購入前に月々の返済額も含めて資金計画をたて、そういった事をしっかりと教えてくれる不動産会社さんを通じて購入する事をお勧めします。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP