ヘッド画像

欠陥・トラブル

築古物件は、見逃さないでください!水道の引込管の材質を確認鉛が危険!?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

築古物件の水道引込管は鉛管が多いのでご注意!

水漏れ

水道の引込管(給水管)には、鉛管(えんかん)、鋳鉄管(ちゅうてつかん)、ステンレス鋼管、塩化ビニル管、ポリエチレン管などいろんなものがあります。このうち安い価格で加工が簡単な鉛管は、明治時代の近代水道普及期(明治31年)から広く使われてきました。 ところが鉛管は、経年劣化してくると地中で漏水することが多く、また鉛による人体への影響が指摘されるようになり、現在はステンレス鋼管、塩ビ管などが採用されるようになっています。
大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日は築古の水道引込管について説明します。
鉛管だからと言って即座に健康被害を及ぼすことはありませんが、「朝一番の水を使うときや旅行等で長時間使用しなかった場合には、念のためバケツ一杯程度の最初の水は飲み水以外に使用することをお勧めします」といった内容の呼び掛けが、各自治体から呼びかけられています。

築古物件の水道引込管の鉛使用禁止命令はなんと平成7年!

しかしながら鉛管の使用が禁止されたのはそれほど昔ではない近年であり、早い自治体でも昭和50年代頃、使用が全面禁止されたのは1995年(平成7年)のことです。 つまり、それ以前に建てられた住宅では現在も鉛管が使われている恐れもあり、中古住宅の売買にあたって引込管の材質を確認することが重要になります。 「引込管(給水管)は個人の財産である」という理由から、鉛管を他の材質のものに取り換える工事も個人の負担と責任で施工することになっています。 古い中古住宅を購入する際には、事前に必ず確認しておきましょう!

築古物件の水道引込管・インテリア・生活用品 おすすめ商品

テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP