ヘッド画像

お役立ち情報

知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

住宅購入をした後に「どうもわが家はごちゃごちゃしていてインテリアが決まらない!」「シンプルな家具を選んだのになぜか落ち着かない」と悩んでいる方が多くいます。
実は私も自宅の「カラーコディネイト」で失敗している人の一人のようです。
大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日はカラーコディネイトについて説明します。

 

カラーコディネイトで空間が変わる

室内というのは意外と広い空間であり、その中にあるもの(床や壁、天井も含む)のすべてに色がついているのですから、その組み合わせ方によっては、インテリア選びの当初の予定とは大きく掛け離れた影響を及ぼす事が少なくないと言います。

色彩計画(カラースキーム)の基本は3つのポイント


また「色彩計画(カラースキーム)」の基本に従って選んだ3色が、思わぬ心理効果を及ぼす事も考えられます。
色には1色ごとに性格があり、また組み合わせによって新たな効果が引き出される
ものですので、まずは色の基本とその仕組みについて知っておくことが重要です。
ポイントは3つあります。

 

ポイント1 色の基本は色相環

赤、青、黄色など普段私たちが呼んでいる色味のことを「色相」といい、その似た色を隣り合わせにつなげていくと輪ができます。

これが色の基本となる「色相環」を呼ばれるものです。図のように隣り合う色を類似色といい、無難にまとまる組み合わせと言われます。向かい合う色を反対色といい、お互いの色を引き立てる個性的な組み合わせがつくられます。

ポイント2 明度と彩度できめる色のトーン

色相環に並ぶ色のことを「有彩色」といいい、この環にはいっていない白やグレー、黒のことを「無彩色」といいます。この無彩色には色味がなく、唯一あるのは「明度」という明るさです。白がいちばん明度が高く、黒になるにつれて暗くなると言われます。他の色もこの「明度」で明るさが表せます。

また「彩度」とは鮮やかさの違いのこと。彩度が高いほど澄んでいて鮮やか、低いほど濁りがあって色味が薄くなります。

この色の明度と彩度を組み合わせて考えるのが「トーン」という色の調子です。室内のカラーコーディネイトではとても重要な役割を果たします。

ポイント3 基本的な色の組み合わせ方を把握する

「色相」「明度」「彩度」というさまざまな特徴を持っている「色」を組み合わせると、1色では得られない豊かな表情を演出する事ができます。

人が「居心地よい」と感じられる組み合わせの代表的な例をご紹介すると下記の通りです。
・類似色でまとめる
・同一トーンで上品にまとめる
・同系色でベーシックにまとめる
・反対色で個性的にまとめる

以上の事を踏まえて、住宅購入時に、これから自分達で作りたいお部屋の雰囲気の参考にしていただければ幸いです。

カラーコーディネート・インテリア・生活用品 おすすめ商品 

カラーコーディネートのお話と併せてお伝えしたいおすすめ情報です。
テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から
支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

 

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

HOMEへ お役立情報 電話で予約 LINEアイコンLINEで
相談
TOP