ヘッド画像

家を買いたい

ビルトインガレージ

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
ビルトインガレージ

ビルトインガレージとは?

●ビルトインガレージのメリット

車を雨や風などから守り管理することができる
間取りの自由度が高いため趣味のものとして眺めることもできる
車の乗り降りが非常に楽になります。育児、介護の大きな助けとなる場合もあるでしょう。

ビルトインガレージの固定資産税について

家全体の延床面積の1/5までのビルトインガレージであれば容積率に含まれないため、広さに気をつければ固定資産税の節約も可能です。

ただし、電動シャッターなどの高級な設備が付いている場合には課税対象となる場合があります。固定資産税の対象については各行政区域によって異なるため、事前に確認するようにしましょう。

●ビルトインガレージの固定資産税

●ビルトインガレージのデメリット

費用がかかるので、予算をよく考慮する
特に1階部分をガレージが大きく占めるため、1階につくることができる部屋は少なくなります。不便がないよう間取りを考慮する必要があります。
ガレージ部分には柱をつくることができません。上の階だけでなく家全体を支えるだけの強度を考えた設計にする必要があります。
車の排気ガスがガレージの奥にこもる可能性があるため換気として窓や排気口などを設置する
ビルトインガレージは、音や振動が家に伝わりやすい可能性があります。
ガレージに寝室を隣接させないようにする、防音対策も必要になる

ガレージ内に自然光を取り入れにくいので、明るくする工夫(窓やライト)が必要

所有する車の台数が増えても対応できない

このように車を所有していずれは駐車場の検討する場合は税金面やガレージ分の建築費をしっかり考慮した上で
取り入れたいものです。
以上の事に気を付けてビルトインガレージを検討されてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP