ヘッド画像

不動産取引知識・ノウハウ

建ぺい率と容積率の違い

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
建ぺい率と容積率

建ぺい率と容積率の違い

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日は建ぺい率と容積率について説明します。
建ぺい率とは、敷地面積に対する建物面積(建物を真上から見た時の面積)の割合を言います。 建物を建てる土地に、どのくらいの広さの建物が建てられるかの数値が建ぺい率です。 容積率は敷地面積に対する延べ床面積の割合を指します。 延べ床面積とは、建物のすべての階の床面積を合計した面積のことを言います。

建ぺい率と容積率 調べ方

「土地(敷地)の面積と、そこに建築された建物面積の割合」
簡単に説明すると、住宅を建てようと思ったとき、100㎡の土地で建ぺい率が仮に60%で決まっているとしたら、建築面積が60㎡以内にするためにちょうど良く建築しなければなりません。 建ぺい率は、不動産業者が広告チラシやWEBサイトに記載・公開していることがよくありますが、自分で調べることも可能です。市役所などの都市計画課に電話で問い合わせる方法もあります。また、建ぺい率などが記載された「都市計画図」が、行政によってインターネット上に公開されていることもあるので、一度検索してみてください。 建ぺい率などは、それぞれの土地というよりも地域毎に定められているため、目的の土地が建ぺい率の上限が異なる地域にまたがっている場合があります。そのような場合には、それぞれの面積の割合によって、建ぺい率が按分されます。

建ぺい率と容積率 用途地域

用途地域によって建てられる建物は変わります
土地に似たようなものが集まっていると、それぞれに合った環境が守られ、効率的な活動を行うことができます。そこで、都市を住宅地、商業地、工業地などいくつかの種類に区分し、これを用途地域として定め、建築物の用途の制限とあわせて、建築物の建て方のルールを定めています。
また、アパートや賃貸マンションなどの住宅地の建設を制限する地域も設けられています。

不動産・インテリア・生活用品 おすすめ商品 空気清浄機

テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP