ヘッド画像

相続

相続税はいくらからかかる?基礎知識や金額について解説!未成年相続で気を付ける事

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
未成年相続

未成年との相続は避けるべき

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日は未成年との相続について説明します。

不動産を共有すべきでないとは言われていますが、共有になってしまうケースの
1つに相続があげられます。
お父様に相続が発生すると、一般的にはその奥様とお子様が相続人となります。
なにもしないと不動産の共有が起きてしまうため、「遺産分割協議」を行い、
「不動産の名義はすべて妻が取得する」という合意をすることで、共有状態を
回避できます。

未成年との相続 母親が代理人として遺産分割協議できない

そのような合意が取れないケースとして、「子供が未成年」という場合があげられます。
ご主人が若くして事故や病気で亡くなってしまった場合、残された子供はまだ成人していない、
ということが往々にして起こりえます。

子供が成人していない場合には、遺産分割協議を行う行為能力がないため、
合意文書を作成することができません。
日常生活においては、未成年者の行為については親権者である親が代理人として
契約行為を行うことができます。 一方で、遺産分割協議の場合には、相続人の一人
としての母と、子供の代理人としての母が協議する(母ひとりの意向でどうにでもなってしまう)
という事態が発生するため、母親が代理人として遺産分割協議をすることが
できなくなってしまうのです。


こうした場合には、未成年の子供の代理人(=特別代理人)を裁判所に選んでもらい、
その特別代理人を交えて遺産分割協議を行うことになります。 特別代理人には、
祖父や祖母の方になってもらうケースが多いようです。 このように、手続き的には
遺産分割協議をする手段が用意されてはいますが、実際には、特別代理人の選任
手続きをしたり、分割協議書を作成したりと、とても煩雑な手続きになってしまいます。
不動産をお持ちの方で、お子様がまだ小さい方は、相続について事前に対策を検討
されてもよいかもしれません。

未成年との相続・インテリア・生活用品 おすすめ商品 

テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

HOMEへ お役立情報 電話で予約 LINEアイコンLINEで
相談
TOP