ヘッド画像

お役立ち情報

バリアフリーの注文住宅の生活しやすいキーポイント

この記事は約5分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
バリアフリー住宅

バリアフリーの家はとても便利

バリアフリーの家はどうやって作ればいいの?

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日はバリアフリー住宅について説明します。

家は、ご自分の代だけではなく子供たちの代にも受け継がれていくことも多いものです。
次の代に引き継ぐまでには、新たなる生命の誕生や、誰かの老化現象・介護というタイミングが巡ってくるのは一般的なことです。

これを意識すれば、誰もが使いやすい「バリアフリーの家」はとても便利です。お年寄りになってからも住みやすい家は、どんな人にとっても使いやすい家です。では、バリアフリーの家はどういう風にして作ればよいのでしょうか。

お年寄りになってからも住みやすい「バリアフリーの家」とは?

バリアフリーとは生活上支障となるものを取り除く事

バリアフリーとは、お年寄りや障がい者などが生活するうえで障害となるものを取り除くことを指します。とりわけわかりやすい例としては、部屋と部屋、部屋と廊下の間に段差がないことが考えられます。杖や車椅子を使って室内を移動するとき、たった数センチの段差さえも大きなストレスが引き起こされることになります。また、高齢者や障がい者でなくても妊娠している女性や年が若い方であってもケガや病気で、室内で車椅子を使わざるを得なくなることもあるからだということです。

バリアフリー住宅の作り方のコツ①

トイレはベッドルームのそばに設置、広めにつくる

家の持ち主である方々の寝室のそばにトイレを作っておくことによって、高齢者になってからも生活しやすい家を実現できると言えます。体が思うように動かなくなったとき、ヒートショック(気温差による心臓麻痺などの体調のトラブル)が気になる折節になったとき、寝室そばのトイレはとてもありがたいつくりです。
例えば家の中にトイレを1箇所しか作れないときは、寝室からダイレクトに入れる場所におき、他の面の壁にも扉を設けて、洗面や脱衣所からも入れるよう「2ドア」にするのもオススメです。水回りを連続させることによって、トイレ・洗面・入浴がひとつの導線で結ばれますので、動きもあまりなくてすみ、高齢者になってからも暮らしやすい家となります。 できることなら広めに作り、手すりの取り付けを行ってください。車椅子でも使えるトイレは、介護をする方にとってもありがたいものです。

バリアフリー住宅の作り方のコツ②

洗面の高さに心配りが必要です

バリアフリーを考えて時に台を作るとき、高さに気をつけください。健康な方が立って使用するのによい高さと、車椅子生活になった方が座ったままで使い易い高さはかなり違ってきます。そもそも車椅子生活をイメージした高さで作っておくのがおすすめです。健康な大人には少々低いかもしれませんが、ちびっ子たちや高齢者・車椅子の方にはすごく役立ちます。 洗面台の下部にもアイデアを盛り込む事ができます。車椅子のまま洗面台に合わせるよう、下部の収納スペースを取っ払った洗面台が便利です。

バリアフリー住宅の作り方のコツ③

リビングルーム・ダイニングはみんなが集まれる創意工夫を

リビングやダイニングは、家族が顔を合わせるところです。高齢者を含む家族みんなが自由気ままにくつろげる場所にするためには、いくつかのコツがあります。 ひとつ目は、テーブルの高さです。テーブルに車椅子のまま入れる高さは約70センチがスタンダードです。一般的なテーブルも同じく約70センチですが、車椅子のサイズによっては入れないこともありますので、高さ調節のできるタイプのテーブルを選択すると良いでしょう。もしも造作テーブルを注文するときも、この点に気配りをすれば、ずっと使える物になります。 また、リビング・ダイニングの一部に畳敷きの小上がりを作り、そこにテーブルを寄せられるようアレンジするのはいかがでしょう。イスに慣れない方、高齢者となりイスに座ることがめんどう臭い状態になってしまった方も含み、家族一緒にテーブルを囲むことができます。このようなスペースを作るときも、車椅子と小上がりとのギャップが小さいほど移動しやすいようになります。 小上がりは、ご高齢の方が食事中に疲れたとき横になることもできますし、ちびっこのお昼寝やお遊びの場所にもなりますので、育児に頑張っている最中の世代の方にも使い勝手が良いと思います。

バリアフリー住宅の作り方のコツ④

廊下は車椅子の通過ができる幅にして、手すりセッティングを考慮

高齢者になってからも暮らしやすい家に必要であるにもかかわらず、バリアフリーリフォームをすることが困難な部分に廊下があります。廊下は介護者と介護をされる方が二人並んで歩ける幅に、プラスアルファの幅が必要です。 誰かに頼れば歩行できるうちは二人分の幅でいいと思いますが、いったん車椅子での生活が始まれば廊下の幅はこれまで以上に広さが必要です。車椅子のサイズにもよりますが、最少でも廊下の幅は90センチなくては困ります。これはあくまでも進むだけ・戻るだけの「一方通行」の場合であって、もしも廊下で方向を変える(回転する)ことまでをイメージすれば150センチ以上が絶対必要です。 今後は手すりをつけたいとお考えなのであれば、それを想定して壁に手すり用の「下地」を入れておいたらよいでしょう。リフォーム時に大掛かりな工事にならずに完了します。

バリアフリー住宅の作り方のコツ⑤

玄関先にはスロープを設計しておく

家の内側と外側をつなぐエントランス部分も、高齢者になってからも暮らしやすい家とするための要点です。杖をついて歩くとき、階段はとても怖いと感じるものとなります。また、段があれば車椅子での出入りはとてもハードルが高いものです。最初からスロープをつけているとすれば、ご高齢の方だけではなく、妊娠している女性やちびっ子たちにも安心ではないでしょうか。 玄関スロープは案外スペースを必要としますので、家作りを始めた時点から盛り込んでおくか、玄関ポーチに後付けできる広さをキープしておくと安心です。

バリアフリー住宅の作り方のコツ⑥

キッチンは高さ調整できる物を

壮健なうちは立って炊事もできますが、疲れたり下半身を痛めたりしたとき、その時だけイスに座って調理をすることがあります。さらに加齢と共に調理そのものに時間をかけたくなくなったときは、座ったまま調理ができるキッチンが助かります。 このことを最初から想定して、高さ調整のできるキッチンを据えるのはいかがでしょうか。少々お値段はアップしますが、高齢者になってからも暮らしやすい家になることは間違いありません。また、小さなちびっ子がお手伝いをしたくなったとなる時や、仕事のテンポで身長差のあるご夫婦が交代でキッチンに立つときにもとても便利です。 キッチンそのものをアップダウンするのではなく、床部分をアップダウンする方法もありますので、家作りの相談の際に依頼しておくといいでしょう。

バリアフリー住宅の作り方のコツ⑦

浴室は介護者と一緒に入れるスペースとすべり止めを

高齢者になってからも暮らしやすい家は、水まわりの使い勝手がとても大切です。とりわけ身体の衛生を保つ浴室はその代表です。湯ぶねの立ち上がり部分で足をとられ、滑って転びけがをするおそれもありますので、介護をする方と一緒に入れる広さがあれば心配ありません。 さらに、湯ぶねや床面は滑りにくい素材を選びたいものです。滑りにくくやわらかい素材はお子さんが小さなときにも安心です。車椅子生活になったときのために、シャワー用車椅子で直接入れるように間口を広くとっておくこともよいでしょう。 現在お住いをやろうかどうか検討している方はこれから先のバリアフリー化を想定した家づくりを考えてみるのもいいと思います。

不動産・インテリア・生活用品 おすすめ商品 空気清浄機

オゾンの力で浮遊ウイルス・菌 付着ウイルス・菌どちらも除去する空気清浄機

時代に新しい空気を。これまでの空気清浄機の多くは、
最長72時間も残る付着したウイルス・菌を除菌できませんでした。
オゾンの力で差が出るウイルスの除去性能ハイブリッド空気清浄機 Kirala Airの場合は、
浮遊ウイルス・菌 付着ウイルス・菌どちらも除去します。

◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP