ヘッド画像

お役立ち情報

ビルトインガレージの固定資産税はどうなる?間取りの注意点やメリット・デメリットも

この記事は約2分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了
ビルトインガレージ

大阪・北摂エリアで安心して家を買うなら、お金と住まいのプロに相談しましょう!
GOODの不動産エージェントにお任せください。
今日はビルトインガレージのメリット・デメリットについて説明します。

ビルトインガレージとは

ビルトインガレージ(ガレージハウス)とは、家と一体化しているガレージのことです

ビルトインガレージのメリット

車を雨や風などから守り管理することが可能な間取りの自由がききやすいため趣味のものとして眺めることもできる車の乗り降りが非常に楽になります。

育児、介護の大きな助けとなる場合もあるでしょう。

ビルトインガレージの固定資産税について

ビルトインガレージの固定資産税について 家全体の延床面積の1/5までのビルトインガレージであれば容積率に含まれないため、広さに配慮すれば固定資産税の節約も可能です。

ただし、電動シャッターなどの高級な設備が付いている場合には課税対象となるケースがあります。固定資産税の対象については各行政区域によって異なるため、事前に確認することに注意しましょう。

ビルトインガレージのデメリット

費用がかかるので、予算をよく考慮する特に1階部分をガレージが大きく占有するため、1階につくることができる部屋はほんの少しになります。不便がないよう間取りを考慮する必要があります。

ガレージ部分には柱をつくることができません。上の階だけでなく家全体を支えるだけの強度を考えた設計にすることが求められます。車の排気ガスがガレージの奥にこもることが想定されるため換気として窓や排気口などを設置するビルトインガレージは、音や振動が家に伝播しやすいケースがあります。

ガレージに寝室を隣接させないようにする、防音対策も必要になる ガレージ内に自然光を取り入れにくいので、明るくする工夫(窓やライト)が必要 所有する車の台数が増えても対処できない

ビルトインガレージのまとめ

このように車を所有していずれは駐車場の検討する場合は税金面やガレージ分の建築費をしっかり考慮した上で取り入れたいものです。

ビルトインガレージ不動産・インテリア・生活用品 おすすめ商品 

ビルトインガレージのメリット・デメリットのお話と併せてお伝えしたいおすすめ情報です。
テイスト、価格帯ともに充実したラインナップを揃えていますので、幅広い顧客層から
支持されているインテリアサイトです。

ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いがあります。

ブランド商品は全て正規品のみのお取り扱いで、商品により独自の保証もあり、お客様には安心してご購入いただけます。
◆安心・安全な住宅購入成功への15STEP
 GOODのバイヤーズエージェントが資産価値が下がりにくい住宅購入の手順をご紹介

◆後悔をしない売却成功への15STEP
 GOODのセラーズエージェントサービスが「高く」「早く」 売却を実現いたします。

◆理想のリノベーション成功への15STEP
 GOODがリノベーションで自分好みの空間を実現します。

この記事を書いた人

著者名:堀川 八重

グッドコーポレーションシニア不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴15年以上の経験があり15種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に女性目線で優しく的確なサポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

HOMEへ お役立情報 電話で予約 LINEアイコンLINEで
相談
TOP