ヘッド画像

お役立ち情報

耐震等級て何?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

最近耐震等級の問合せがありましたので耐震等級と耐震診断の違いの話です。
耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。

耐震等級1(*数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。
*数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。)と同程度の建物

耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
耐震等級1の基準が、建築基準法と同等となり、建築できる最低基準となります。震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしませんが、 損傷の可能性はあると言うことです。

ちなみに長期優良住宅には耐震等級2相当以上の強度が求められます。
耐震診断は既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、現行の耐震基準で耐震性の有無を確認することです。
極めてまれな大規模地震に対して、建物の倒壊する可能性がどの程度あるのか、建物の状況を調査した上で計算を行い、耐震性をお知らせするものです。
そこから耐震改修工事をして耐震基準を満し耐震基準適合証明書を発行することが可能な場合は、
住宅ローン減税
登録免許税の減額
不動産取得税の減額
地震保険の割引
などのメリットがあります。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

HOMEへ お役立情報 電話で予約 LINEアイコンLINEで
相談
TOP