ヘッド画像

お役立ち情報

インテリアカラーはどうやって決める?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

カラースキームのルールとは?

家具も家電もない真っ新な住居で1からインテリアカラーを決めて行く場合、好きな色やイメージはあっても、どの色をどの程度どこに使うかを決めるのは大変難しいものです。

色のバランスをプランすることをカラースキーム(色彩計画)と呼び、カラースキームには一定のルールがあります。
カラーコーディネートは一般的に「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つを組み立てて行います。

ベースカラー

インテリアのベースとなる、床や天井、壁の色を指します。全体に占めるバランスは70%程度と部屋の中で一番広い部分です。

メインカラー

カーテンなどのウインドウトリートメントやソファ、キャビネットなどの大きな家具の色がメインカラーです。
面積は全体の20~30%程度のバランスでまとめます。

アクセントカラー

クッションやランプシェード、絵画など、小物類の色を指します。分量は全体の5%と小さめですが、インテリアのポイントとなり、空間の引き締め役になる色です。
まずは、ベースカラーのテーマを決めてからメインカラーやアクセントカラーの色の割合で雰囲気が変わりますのでいろいろ家族で話し合い過ごしやすいお部屋を作りたいものです。

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

HOMEへ お役立情報 電話で予約 LINEアイコンLINEで
相談
TOP