ヘッド画像

お役立ち情報

うちの実家はこの先どうなるの?

この記事は約1分で読めます。

  • noteアイコン
  • URLコピー完了

「住むためのコスト」を考慮していないケースが多いと思います。) そして、実家の終わりも3つです。「住み継ぐ」「貸す」「売る」です。 かつての住宅すごろくでは「住み継ぐ」が想定されていましたが、現在の子供世代はすでに家を持っています。 単純に実家に帰るとは言いにくいのが実情です。つまり、子供世代は「貸す」「売る」を実行する役割になります。 住み続けたい親と実家の資産化を実行しなければならない子供世代。まずはここのギャップを埋める努力が必要です。 子供からいきなり「お父さん、この家どうするの?」と言われたら、親もびっくりしてしまいます。だからと いって放置したままだと相続が発生するまで実家は放置されたままになります。 少し具体的な話をします。 一般的に男性の方が先に亡くなります。亡くなるまでに介護の問題が発生します。お父さんの具合が悪く なったからといってお母さんはいきなり施設に入れたりできません。ギリギリまで介護を頑張ってしまいます。 やがてお父さんが亡くなります。(ここで相続が発生します。もし実家が都市部にある場合は相続税が発生する のですが、その話はまた別の機会に)そうこうしているう

この記事を書いた人

著者名:藤原 英樹

グッドコーポレーション代表不動産エージェント。 失敗しない家の買い方・売り方をサポートします!業界歴20年以上の経験があり20種類以上の専門資格を保有しており、お客様の多様なご要望に手厚く対応・サポートが可能です!

家の買い方・売り方・リノベーションなど
無料相談予約受付中!

豊かな暮らしの第一歩はお問い合わせから!
しつこい営業はいたしません!お気軽に!

失敗しない不動産購入・売却をして頂くために
セミナーや個別相談を開催中!!

電話で予約 メールで予約 オンラインで相談 LINEアイコンLINEで
相談
TOP