政府が少子化対策として、3世代同居に力を入れる?!

内閣府の調べでは親との同居を望む人が20%いるそうですが、実際の同居率はもっと低いそうです。同居している夫婦のほうが出生率が高いという結果も出ているそうです。

子育てで成果をあげている「福井モデル」が注目されています。
福井県の同居率は全国2位、共働き率は同1位、出生率は同8位であり、働く母親の祖父母の支援を受けながら、子育てする環境が整っているようです。

また、静岡県掛川市では2014年度から、子育てのため新たに3世代同居する世帯に最大50万円を買い物券で助成し始めているようです。
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/life/kosodate/sansedaidoukyoouen/sansedaidoukyoouen.html

いずれにせよ、私も妻と子供2人と一緒に住んでいますが、近くに両親が居たら、非常に助かると思います。
自分が体調を崩した時の子供の面倒を見てくれたら・・・。

いずれにせよ、今後の人口減・家余りの時代の中で「資産価値が下がり難い住宅を3世代同居で持つ」みたいな選択肢も増えてくるのではないかと思います。

お問い合わせ先