業者に振り回されない心得

売主様が私を呼び止めて『もし気に入って頂いてましたら、出来たらA社を通さず、出来たらB社を通して下さい。』と言われた・・。

昨日、大雨の中お客様が見たい物件を内見するため前日にA社に内見予約を入れました。
売主側の仲介業者の担当者は都合があわないため、担当者の立会いなしに「直接物件に行ってください。」との事。

つまり、売主様の家に担当者不在の中、案内に行くということです。(これは、よくある話なのですが・・。)

担当者がいないので、詳細は全て売主様に直接話を伺います。内見してみてお客様も気に入っているご様子。
帰り際に、売主様が私を呼び止めて『もし気に入って頂いてましたら、出来たらA社を通さず、出来たらB社を通して下さい。』と言われました。

実はこの物件は、一般媒介の物件。
つまり、売主様が複数の仲介事業者に売却を依頼している物件です。今回はA社とB社の2社に売却を依頼しています。

今回はA社を通じて内見をさせて頂きましたので、もし購入するとなればA社を通すのが筋ですが、わざわざ「B社を通して下さい」というのです。
2社にお願いしていながらこうおっしゃる売主様の心情を察すると、今までの経緯からA社は信頼が無いんだなぁ・・・と。
売主様もどうせ仲介手数料を払うならば、きちんと誠実にやって来てくれていた方にお支払いしたいということだと思いますが、それならば、売主様も私に言うのではなく、そこのA社と一般媒介契約を切ってB社に専任でお願いすればよいと思います。

その売主様の背景には、このようなことがあったそうです。
A社が売却依頼の契約を(媒介契約)を取るために売却査定金額を売れる金額(相場)より、かなり高めに言われ、そこを信用しA社に専任でお任せしたが売却に時間がかかってしまって困ったとの事。買換えで先に次の新居を購入し、ローンが二重に発生してしまう恐れから、かなりお困りのようでした・・・。

これは、まさに下記の記事と同じ内容でした。これはどうかと思うが、珍しい話ではありません。
http://mw.nikkei.com/sp/
当たり前の事ですが、我々は仲介業として、お客様の状況を的確に踏まえ専門家として誠実に業務を全うするエージェントでなければなりません。

お問い合わせ先