情報の積極公開とフェアな取引で、中古住宅がますます買いやすくなります!

「中古住宅よりも新築の方が安心だから...」
確かにそうかもしれません。でも、数年後にはこのような考え方をする人は居なくなってしまうかもしれません。今、中古住宅を安心して取引できるようにする為の施策が急ピッチで進もうとしています。

この程、自民党の中古住宅市場活性化小委員会(鶴保庸介委員長)が「中古住宅市場活性化に向けた提言―中古市場に流通革命を―」をまとめました。
ここでは8つの提言がされています。不動産業を営む方は必読の情報です。

消費者の方にとっては、どれも専門的な内容に感じられてしまうかもしれませんが、この提言は、過去の経緯や現状の問題と解決策など、順序だてて書かれています。皆さんは(日本人の方)は、自覚がないかもしれませんが、資産の7割を不動産に投資しています。この資産価値に大きく影響を与えうる重要な取り組みですので、お時間があれば是非ご覧下さい。

お問い合わせ先