外壁サイディングの注意点

外壁サイディング

サイディング外壁の注意点をまとめました

サイディング材の種類

・窯業(ようぎょう)系サイディング
・金属系サイディング
・木質系サイディング
・樹脂系サイディング

サイディング材の経年劣化する場所

サイディング材は表面には耐候性の強い表面塗装、接続部には防水シーリングが打たれていますが、その塗装やシーリングは半永久的な物ではありません。
適切に一定期間ごとの点検をして、早めのセルフメンテナンスを行うことでサイディング外壁材が長持ちし、建物そのものの耐用年数を延ばすことができるのです。

サイディング外壁のチェックポイント

経年による劣化によって、そり・うねり・ひび割れ(ヘアークラック)などが起こる事があります。この程度であれば基材そのものの性能には影響はありませんが、建物の構造が影響を及ぼして起こっている場合には、その原因を調べてゼロから直す必要があります。例えば耐震に問題があってクラックが発生している場合や、 下地の間柱との釘打ち箇所が適正でなかったりする場合は、 塗替え前にしっかりと改善したいところです。

サイディング材の塗替え

今あるサイディングが通気工法か、直張り工法という所です。 直張り工法の場合は、塗替えじゃなく張替えが薦められています。 長い年月の自然環境の雨や紫外線の影響により表面塗膜は劣化が進行します。表面のツヤが消えたり、チョーキング現象(白い粉が付く)が現れるとサイディング基材の防水性能が悪くなってしまいます。これは自分でもできますので、1年に一度程度、お庭に出た際などに目視での点検を勧めします。塗膜面の点検は表面が白化(白く曇る)、色落ち、剥離などがないか、コケや藻の汚れが発生していないかなど目視でチェック出来ます。洗浄が甘くコケなどが残存していると、数年後の剥離の原因となります。

シーリング

シーリングも経年とともに劣化します。サイディング材が気温の変化に伴い伸縮していきます。その為シーリング材の伸縮性能が消失すると、ひび割れや接着面の破断がおこります。また、シーリングが劣化し内部に雨水が侵入すると、下地木材の腐りなどによりサイディングを固定している釘がきかなくなり、 サイディング基材の反りやうねりが生まれる原因ともなりますので注意が必要です。一般的にシーリング材はサイディング材より耐用年数が短い為、定期的な点検で劣化現象の早期発見がポイントです。壁面の方角によって劣化の状態にもかなり差があります。当然、日当たりの良い南側や西側は他の壁面に比べると状態が悪い場合が多く見られるので、日当たりの良い面のチェックが大切です。 サイディング建物で雨漏りをしている可能性があれば、お早目に雨漏り診断ができる専門工事会社へご相談することをおすすめします。モルタル塗り建物と違いサイディング壁内部に空間があるので、一度壁内に雨水が流れ込んでも必ず室内に出てくるとは限らず、壁内部を通って建材が水分を吸い込み内部からの腐りの原因になりかねないので注意が必要です。

 

お問い合わせ先