相場を知る事はとても大切な事ってご存知ですか?

不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)
宅地建物取引士の藤原英樹です。

住まいの購入を考えたら、大きな検討材料となるのが「物件の価格」です。不動産は個別性が非常に高い資産であるため、現在市場で販売されている価格が妥当なのか、その判断が極めて難しいという特徴があります。特に、仲介物件では、売主と買主の個別交渉により最終的に契約価格が決定することになりますので、不動産価格に関する基本的な考え方と評価手法等を少しでも理解するようにしましょう。

不動産に同じ物件は存在しない

不動産には一つとして同じものが存在しません。同じ地域の土地でも、土地の形、面積、方位、接する道路の状況などによって、価格が大きく変わることがあります。また、同じ棟のマンションでも、階数、間取り、部屋の方位、管理状況などによって価格は変わります。このように、不動産価格の妥当性を判断する場合には、不動産の特徴(これを一般に「個別性」といいます)を踏まえて、物件ごとに検討する必要があります。

取引する時期やタイミングが変わると価格が変わります

不動産市場には、全体的な相場の動きがあります。たとえ同じ不動産であっても、取引する時期やタイミングが変われば、価格も大きく変わる場合があります。
不動産価格を判断する場合には、市場全体の動向も踏まえて、取引時期に応じて検討する必要があります。

 

最終的には売主と買主の合意により価格は決定する

不動産売買は、スーパーなどで買い物をするように、販売金額に対して「買うか、買わないか」で
簡単に成立するものではありません。売主と買主の意向が合意したときにはじめて成約価格が確定します。

お問い合わせ先