夢のマイホームは、本当に夢の中にしかない可能性があります...

理想に100%合致するお住まいは、中々見つかるものではありません。そもそも自治体が定めるルールによって建てられる建物の条件が地域によって定められているのです。特に戸建ての場合はエリアを選定するのにあたって用途地域を理解することが非常に重要なポイントになります。今回は用途地域とエリア選びについてご説明いたします。

まずは街づくりのルールを知る

自治体で街づくりをするにあたって、例えば、“駅前は大きな建物が建てられるように容積率の大きい商業地域にしよう”とか、“ここには工場とそこに勤務する人が多少住むことができるよう準工業地域にしよう”とか、といった計画を立てます。都市計画が無いと、大小の建物や商業、工業の建物が入り乱れてしまい、無秩序な街になってしまうからです。

ちなみに用途地域の分類の一つである、第一種低層住居専用地域(以下、一種低層)というのは、建ぺい率・容積率共に数字が小さく設定され、大きな建物が建てられないルールとなっているため、戸建てに適したエリアと言われています。

お問い合わせ先