戸建て住宅の外壁塗装の時期は外壁材によって、〇~〇年が目安です。

中古住宅購入時に外壁の痛みが気になる方がいます。そもそも外壁の資材の種類によって、劣化の仕方が違い、 塗装で改善を図る事が多くあります。 今回はその塗装の時期の目安について、まとめてみました。 〇金属サイディングボード(塗装の目安:10~15年) <このような症状がでたら注意> 外壁面から赤サビが出てきたら 〇窯業系サイディングボード(塗装の目安:7~8年) <このような症状がでたら注意> サイディングを繋ぐシール(コーキング剤)剥がれ 〇モルタル外壁(塗装の目安:10~15年) <このような症状がでたら注意> モルタルの剥離、カビ・コケの発生 〇ALCボード(塗装の目安:10~15年) <このような症状がでたら注意> チョーキング、紫外線による褪色 〇コンクリート壁(塗装の目安:10~15年) <このような症状がでたら注意> クラック、鉄筋爆裂 〇トタン張り(塗装の目安:7~8年) <このような症状がでたら注意> トタンの反り、白サビ 〇羽目板張り(塗装の目安:10~15年) <このような症状がでたら注意> 変色、腐食 いずれにせよ、劣化の症状が出てきたら、早めに専門家に見てもらいましょう。

お問い合わせ先