建築物の見えない空間になにが詰まっているのでしょうか?

建築物の見えない空間とは一階の天井から2階の床の間や
2階の天井と屋根の間のことです。
天井裏には、まず設備系統の配管関係があります。

種類は、給水管、排水管、換気ダクト、空調ドレン管、
雨水ドレン管、スプリンクラー配管などです。

つぎに、電気関係の配管ケーブルがあります。
種類は、照明器具接続ケーブル、コンセント用ケーブル、TV線、
電話インターネット線、インターホン線などです。

あとは、天井を形成している下地材があります。
木造以外の建築物では、通常LGSと呼ばれる軽量鉄骨下地材が組まれています。
この下地に、ボード材を張り、天井を仕上げるクロスや塗装など施します。
その他、天井裏には、一般的に天井を通して室内に外気の温度が伝わらないように、
一帯に断熱材が敷き詰められております。

木造住宅だと、押し入れの天井が、固定されていないことが多く(メンテナンスのため)、
そこから見ることができることもあります。
また、ユニットバスには、通常天井点検口がついています。
たまには、暇なときにでも天井裏を覗いてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先