住宅基礎の種類はご存知ですか?|大阪北摂不動産購入売却ノウハウ

基礎写真

地震に耐える家にするには、家の構造と基礎も重要な役割を果たします。

住宅の基礎にはどのような種類があるのか見ていきましょう。

1.独立基礎

建物の主要部分(住まいエリア)以外に、基礎が必要となるケースがあります。
玄関のポーチを支える、デッキ部分を支えるなど、独立して支えが必要な部分に使用する方法です。
これは、独立フーチング基礎とも呼ばれ、家の作りによって必要となることがある住宅基礎です。
上記の「ベタ基礎」「布基礎」とは連続しないもので、点として存在するのが基本です。

2.布基礎

家の外周部分(外壁部分をぐるりと囲むように)や、間仕切りの壁や柱が入る部分を中心に支えるのがこの布基礎です。
ベタ基礎が主流ではありますが、地盤がしっかりしている土地や地盤改良がおこなわれている土地であれば、
この布基礎でも問題はありません。

布基礎であっても、居室下部にあたる部分には防湿シートや押さえコンクリートを使用しますので、
湿気に関してもそんなに心配はいりません。
逆T字が基本形状の布基礎ですが、ベタ基礎と
同様に割栗石・捨てコン・(Tの字の頭部分の)フーチング・立ち上がりは約400ミリと、
構造自体はベタ基礎とそんなに大きく変わりません。
違う部分は、地面全体をがっちりとコンクリートで固める部分です。

上記のベタ基礎は家が建つ部分のほとんどをコンクリートと鉄筋で覆ってしまいますので、資材の面ではコスト高。
こちらの布基礎は資材を最小限に留めることができますが、手間の面で人件費のコストが取られるとされています。
地盤に問題がなければ、この布基礎を提案されるかもしれません。
コンクリートや鉄筋量が少なく済みますので、基礎そのものが軽量となるメリットがあります。

3.ベタ基礎

最近の家のほとんどがこのベタ基礎を採用しています。
家が建つ予定の場所のほとんどすべての場所をコンクリートで覆い、面で支える基礎ですので、
シロアリ対策にも優れており、不同沈下にも強いとされていること、施工の手間がさほど必要では
ないことからも採用されやすい方法です。
一方、家の建つほとんどの部分をコンクリートの面で支えることから、コンクリートの
量が増え資材コストの部分が、下記に挙げる布基礎よりも高い傾向にあります。

土に接する面から、割栗石・捨てコン・防湿シート・鉄筋を封入した基礎部分(厚み150ミリ以上)
・壁などを支える立ち上がり部分(高さ400ミリ程)というのが基本的なベタ基礎の構造です。


基礎だけでも大きく分けると3種類、基礎の上には土台→柱→梁とのってきますので冒頭に住宅の基礎も重要な役割を果たしますと書きました。

木造住宅の構造やどう造られているのかがわかると中古住宅の購入時にリフォームなどでなぜ壊してはいけない壁なのかが分かってくるかもしれません。

その不動産の購入方法間違えていませんか!?
損をしない不動産の購入方法お教えします!
センチュリー21グッドコーポレーション
フリーコール 0800-888-5521
ホームページ https://anshinmyhome.com/
E-mail info@a-fudousanya.com

将来、売れる家なのかを、無料AI診断が可能です。
買ってはいけない家を教えます。
ご利用はこちらから。

ご希望の条件に当てはまる不動産情報が
安心のAI診断書付きでお手元にメール送信
ご利用はこちらから。

30分で500万円得する住宅FP資金計画
月額支払い程度の薄い内容ではありません。
定年後の年金も視野に入れた資金設計内容です。
老後も含めた資金計画です。
ご利用はこちらから

お問い合わせ先