不動産の共有状態を解消する方法

不動産を共有することの問題点についての記事を書きましたので、今回はその解消方法についていくつか列記してみました。 まず1つ目は「売買」です。 持分だけを売買することも可能ですが、もちろん売買代金を支払わなければなりません。 資力があれば可能な選択肢です。 つぎに「贈与」や「持分放棄」があります。 売買と違い、ただで持分を相手に移す方法になりますが、一方で「贈与税」がかかってしまうことがあります。 また、共有持分については「放棄」をすることもできます。放棄した場合、その持分は他の共有者へ 自動的に移転することになりますが、この際にも「贈与税」に注意が必要です。 相続したばかりで共有状態になっているのであれば「遺産分割」によって共有を解消することもできます。 相続人全員で話し合い、「不動産は母が、株券などは長男が、現預金は次男が取得する。」という ように分けることで、不動産の共有を回避することが可能です。 その他にも、不動産を売却してしまって現金で分ける方法や、遺言書を作成して将来的に共有を 回避する方法などもあります。 不動産の保有は長期に亘るため、なるべく複雑にならないよう手を打ちたいですね。

お問い合わせ先