どの面積が正しいの?~マンションの床面積~

不動産を購入する際の、良くある質問のひとつが「買ったマンションの面積はどれ?」というものがあります。 マンションの面積の表記には「内法(うちのり)」と「壁芯(へきしん)」の2種類があります。 登記簿に記載される面積は「内法」で、販売チラシに記載される面積は「壁芯」のケースが多いようです。 これらは計測方法の違いですので、実際の面積と異なっているわけではありません。 ここで、購入後にもう一つ登場する面積があります。 それが、「固定資産税の課税床面積」です。 マンションを購入した翌年の5~6月くらいに「固定資産税・都市計画税納税通知書」が届きます。この通知書に床面積として記載されているのが、「課税床面積」です。 この面積は、上述の「内法」とも「壁芯」とも違います。そして、どの面積よりも大きい数値が記載されています。 「こんなに広かったっけ?」と疑問に思われる方もいらっしゃいますが、実はこの「課税床面積」には、マンションの共用部分の面積も含まれているのです。 共用部分とは、共用廊下やエントランス等、住戸部分とは別の建物構成部分を指します。 各住戸の床面積割合に応じて、共用部分も共有していることになりますので、その持分が加算されているのですね。 「ウチはこんなに広くないから、税金がもっと安いのでは?」と期待される方もいらっしゃいますが、残念ながら間違いではありません。 色々な情報が統一されれば、不動産取引もわかり易くなるのではないでしょうか。

お問い合わせ先