SelFin物件診断

SelFinとはインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。このページではSelfinの詳しい使い方を解説致します。

SelFinの利用料は?

ご利用は無料なので、物件検討の便利ツールとして、また、自宅の資産ウォッチツールとしてSelfinをぜひご活用ください。

AI(人工知能)が瞬時に不動産の資産価値やリスクを判定!!

不動産事業者は、悪い情報を隠して正確に伝えず、良い情報ばかりしか提示しない事業者が多々ございます。セルフィンは、ビックデータやオープンデータをベースに機械学習を繰り返し、不動産の「最適価格」や「リスク」などを瞬時に判断します。

不動産の資産価値を情報開示して将来売却可能?

家は「一生の買い物」とよく言いますが、実際に家を購入する方で、売却の時の事までを視野に入れている方は少ないです。もし売却を考えた時にSelFinを使えば、不動産の資産価値を情報開示して将来売却可能か調べることも可能です。ただし、自己都合だけの住宅は、次の買い手が見つけにくいという事は覚えておいて下さい。

買ってはいけない物件を自分でチェックできます!!

SelFinの価格の評価方法は?

マンションは「収益還元法」で算定しています。多くのWEBサービスが「取引事例法」をベースに価格査定エンジンを構成しているのに対し、不動産の利用価値を測る収益還元法を用いているのがSelFinマンション版の特徴です。 WEBでたくさんの物件情報が得られるので、収益還元法でざっくり検討し、気に入った物件が見つかったら取引事例法で妥当性を再確認し、状況に応じて原価法を用いるのが良いのではないかと考えています。 戸建ては賃貸の事例がマンションほど多くないので、土地は「取引事例法」、建物は「原価法」で算定します。 ※不動産鑑定手法は「取引事例法」「収益還元法」「原価法」の3つが挙げられます。

SelFinの算出根拠は?

マンション版は全国で現在取引されている賃貸データを集計し、駅からの距離や建物の築年数、階数など20項目以上の独自の算定基準から算出しています。 戸建て版は国土交通省が発表している取引事例データをもとに土地の価格を算出し、建物価格は耐用年数から計算しています。全国統一の算定基準を用いていることもSelFinの大きな特徴です。

結果報告書サンプルは?

あらゆる角度から分析をし、結果を分かりやすくレポートとしてご提供致します。

SelFin物件診断画像

お問い合わせ先